ブロンドの女性

唾液まで飲んでくれる京都のデリヘル嬢

もたれかかっている女性

1ヶ月ほど前に、京都のデリヘルに初めてお世話になりました。僕を担当してくれた方は、少し心に傷を負っているような雰囲気を出している20代後半の女性でした。担当してくれた京都のデリヘル嬢が心に傷を負っていると私が感じた理由は、手にリストカットの傷があり、バンドがとても好きそうなルックスをしていたからです。
その女性と軽くお話をして、体を洗ってもらい、ベットに一緒に横になりました。そして、私がキスを始めると、向こうも積極的に舌を入れてきてくれました。少しディープなキスを数分行っていると、私の口の中は唾液まみれになりました。それをデリヘル嬢に伝えると、飲んであげると言ってきて、私がデリヘル嬢の口に唾液をたくさん垂らすと、目を閉じながら、嬉しそうに飲んでいました。そして、口から垂れた唾液も手ですくい口に入れて、全て綺麗に飲んでくれました。精子を飲んでくれるよりも唾液をのんでくれるほうがなんだか愛されている気分になるということをこの経験から知りました。
その後、興奮が最高潮に達している僕の息子を、デリヘル嬢の方が手と口で優しくお世話してくれて、幸福感に包まれながらイクことができました。このような少し過激なプレイは彼女とは出来ないので、京都のデリヘル嬢とできて大満足です。